読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちの購入履歴

買ったものの記録とその感想

SONY Bluetoothスピーカー SRS-X55

f:id:mochi00:20170222090017j:plain

これってもう記事に書きましたかね。

以前のブログに書いたような気もするけど、こっちのブログでは書いてなさそうなので書きます。

 

先日はBluetoothイヤホンの記事を書きましたが、今回はBluetoothスピーカーです。

Bluetoothイヤホンはつい先日導入しましたが、Bluetoothスピーカーは実は去年の今頃導入しています。(それでも世間からするとだいぶ遅いかも。)

 

家で音楽を聴くときって、僕ら世代は、昔はよくMDで聴いてましたよね。

近所のレンタルCDショップで1枚50円くらいでたくさん借りてきて、家でMDに録音してたのを覚えています。

SONY ミニディスク (80分、1枚パック) MDW80T

SONY ミニディスク (80分、1枚パック) MDW80T

 

 

 

SONYウォークマンAppleiPodといったDAPが普及し始めて、2007年頃にはMDからDAPに乗り換えた記憶があります。

SONY ウォークマン Sシリーズ 8GB ブラック NW-S764/B

SONY ウォークマン Sシリーズ 8GB ブラック NW-S764/B

 

 

Apple iPod classic 160GB シルバー MC293J/A

Apple iPod classic 160GB シルバー MC293J/A

 

 

DAPが普及すると、音楽はPCに取り込むものになりましたね。

CDやMDと違いディスクチェンジ不要でたくさんの音楽が聴けるようになったので、本当に便利になりました。

 

ただ、音楽をPCに入れておくようになると、「あれ?じゃあ家ではどうやって音楽を聴こうか…」となりました。

PC内蔵のスピーカーだと音が悪いですし、家のなかでヘッドホンを使うのもなんだかなー。じゃあ、余ってるCDステレオでも繋ぐか… ということで、うちでは余っていたCDプレイヤ(RCD-M33 + SC-M53)に繋いでいました。

DENON CDレシーバー シルバー RCD-M33S

DENON CDレシーバー シルバー RCD-M33S

 

 

最初の頃はそれでよく聴いてたのですが、音楽聴くためだけにPC立ち上げるのもなぁ… となってしまい、以前ほど家で音楽を聴くことがなくなりました。

 

一時期はDAPを直接CDプレイヤに繋いだりもしていましたが、有線で繋ぐといちいちCDプレイヤのところまで行って操作する必要があるので、これまたとても面倒でした。

 

その頃くらいからBluetoothスピーカーが出始めていて、気にはなっていたのですが、まあやっぱり金銭的な理由でそんなすぐ導入できるわけではありませんでした。

で、去年たまたまJoshinポイントがたくさん手に入ったので、いい機会だと思い、『SONY SRS-X55』を買いました。

 

この機種は型落ちだったってのもあって、だいぶ安く手に入りました。

古い機種なのでBluetoothのみ対応ですが、最近の機種はほとんどネットワーク対応もしていると思います。

使い方にもよると思いますが、「スマホでPCやNASのなかにある音楽を選んでスピーカーで再生する」という用途であれば、このBluetooth対応のみで十分だと思います。

その場合、スマホDLNAで言うところのDMPになるわけですね。

 

最近のSONYのこういったスピーカーには、Googlecast機能がついているので、その場合はスマホDMCになり、スピーカーはDMRになるイメージですかね。

このへんのDLNA用語はややこしいですが、理解すると一気に身の回りのデジタル機器の利便性アップを図れるようになるので、覚えておいて損はないと思います。

 

最近の機種だとこんなのですね。

ワイヤレスでハイレゾってのがまあ若干「???」なところもありますが、スピーカー自体はよいものを積んでるので良い音なんだと思います。 

 

お手軽に始めたければ、Amazonベーシックでこんなのものあります。

定期便にすると安くなるという謎スピーカーです。

スピーカーを定期便(しかも配送頻度のおすすめは1ヶ月)で買う人なんているのでしょうか。

まあ定期便で初回買って、即定期便キャンセルでいいんだと思います。 

 

上記製品は赤色だけ格安です。(2017年2月22日限り) 

 

まあとにかく、我が家もついにBluetoothスピーカーを導入したので、いつでも気軽に音楽が聴けるようになりました。

スマホから出る音はすべて飛ばせるので、YouTubeなどの動画サイトの音を良い音で聴くこともできますし、何かと利用シーンはあります。

先日のBluetoothイヤホンの記事でも書いたように、「AAC」や「apt-X」といったコーデックの対応は確認してから買うようにしてくださいね。

mochi192168.hatenablog.com

 

というわけで、今回はこのへんで。

 

またね!