もちの購入履歴

買ったものの記録とその感想

LUPHIE 3D VRゴーグル LUYU-3472

f:id:mochi00:20170523135621j:plain

話題のVRゴーグルを試しに1つ買ってみたので簡単にレビューしたいと思います。

そもそもVRゴーグルってどんな製品なのかというと、スマートフォンをセットして専用アプリで動画を見ることで、手軽にVR体験ができるゴーグル型のガジェットです。

上の画像で言うと、前面の黒い部分がパカッと開くので、そこにお手持ちのスマートフォンをセットし、あとは「Cardboard」などの各種VRアプリをインストールすれば、動画やゲーム等をVRで楽しめます。

AmazonではVRゴーグルがいろいろと売られており、結構当たりはずれが激しいみたいなので、少し情報収集し、今回は『LUPHIE 3D VRゴーグル LUYU-3472』というものを買ってみました。

 

値段はたしか3,999円でした。VRゴーグルのなかでは中堅クラスの価格だと思います。安いのは1,000円台でありますし、高いのは1万円を超えるものもあります。どれも仕組み自体は同じなので大差はないと思いますが、目と目の間の距離の調整やピントの調整、あとはヘッドホンが内蔵されてるかどうか、リモコンが付属しているかどうか等で価格差があるようです。

今回買った『LUPHIE 3D VRゴーグル LUYU-3472』は各種調整はそれなりに出来て、ヘッドホンも内蔵されているので、わりとお得だと思います。ただ視力が結構悪い人はピントの調整幅が十分でないようなので、その場合は眼鏡を着用してください。シンプルなセルフレームの眼鏡なら全く問題なく着用できました。

 

外箱はこんな感じ。

f:id:mochi00:20170523135408j:plain

 

開けるとこんな感じで梱包されています。

f:id:mochi00:20170523135529j:plain

 

横から見た図。

ヘッドホンが付いており、耳の位置の調整も可能です。

f:id:mochi00:20170523135638j:plain

 

上から見た図。

ヘッドギアを装着するようなイメージです。頭のサイズによってゴムバンドの長さは調節可能です。

f:id:mochi00:20170523135701j:plain

 

ボタン類。

ボリュームダイヤルと、OKボタンがついています。基本的にVR装着中はこの2つのボタンしか操作ができません。ですので、例えば動画の早送りなんかをしたいときは、いったんスマートフォンを取り外し、操作し、再度VRゴーグルに装着するといった手順が必要になります。そういうのが面倒に感じる人はリモコン付属のものを買ったりするといいのかもしれません。

今回はあくまでもお試しで買っただけなので、そこまで利便性は気にしませんでした。

f:id:mochi00:20170523135729j:plain

 

とまあ基本的なところはここまでで、実際に試してみた感想ですが、この製品自体は大満足です。ピント調整も十分だと感じましたし、しっかりVRを感じられますし、内蔵ヘッドホンの音質も十分です。2時間ほど装着していても特にどこかが痛くなるとかもなかったです。

ただ、そもそもまだまだVRコンテンツがあまり無いっていうことと、スマートフォンの解像度の低さが正直気になりました。

コンテンツは現在進行形でどんどん増えてきているのでいいと思うのですが、後者のスマートフォンの解像度、これのせいでいわゆる「没入感」みたいなものが不足しているように感じます。

VRゴーグルは片目ずつ別々の映像を見せているという仕組上、VRで見る映像の解像度は本来のディスプレイの解像度の半分となります。

今回使用したスマートフォンSONYの「Xperia XZ」で解像度は「1920×1080」でしたが、それでもVR映像はだいぶ荒く感じました。日本でもっともユーザが多いであろうiPhone 7なんかだと解像度は更に低く「1334×750」なので、もっと荒く見えてしまうと思います。VRゴーグルでVRを楽しむには、4Kディスプレイ搭載スマートフォンが必須だと感じました。

www.sonymobile.co.jp

 

ちょうど今月SONYから「Xperia XZ Premium」が発売されるので、ぜひそれを買う予定の方はVRゴーグルでVRを試してみてほしいと思います。

www.sonymobile.co.jp

 

SONYの「PlayStation VR」も発売当初は画質の悪さがよく指摘されていましたね。あれも結局はPS4本体の性能不足によるもので、PS4 Proだとだいぶ改善されるようですし、やはりHMDやゴーグルそのものより、それを映す本体(スマートフォンPS4)の性能が求められるようです。

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

 
PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

 

 

てな感じで、初めてのVR体験は、VRゴーグル自体には満足しつつも、スマートフォンの解像度不足で少々不満といった結果でした。

これまで「スマートフォンの小さい画面に4Kなんて要らんやろ~」と思ってましたが、VR用途を考えるとぜんぜん4K、8Kほしくなっちゃいますね。笑

 

 

というわけで、今回はこのへんで。

 

またね!

 

----------------------------------------------------------

Amazonギフト券のススメ】

 Amazonでの買い物は、事前にAmazonギフト券を買ってからギフト券での支払いがおすすめです。最大2%のボーナスポイントが付与されますので、全商品2%引きで買えるようなものです。 

 

Amazonプライムのススメ】

 年間3,900円でAmazonの送料が無料になったり、お急ぎ便・日時指定便が使い放題になったり、プライム会員限定セールに参加できたり、プライムビデオで動画を見たり、とにかくお得です。